検索
  • 健児 村田

第28回埼玉県理学療法学会において学会奨励賞を受賞しました

最終更新: 2020年5月22日

 2020年1月19日に開催された第28回埼玉県理学療法学会において、博士後期課程の峯岸雄基さん(発表当時 博士前期課程)が学会奨励賞を受賞しました。


【発表内容と個人コメント】


発表演題:脱神経期間を延長した末梢神経軸索断裂モデルに対する運動介入は再神経支配と運動機能回復を促進させる


 末梢神経損傷後は旺盛な神経再生が起こりますが、四肢近位部での損傷後は運動機能障害が長期的に残存します。本研究は、ヒトの四肢近位部での神経損傷を模した、脱神経期間を延長することで運動機能回復を阻害した末梢神経軸索断裂モデルを用いて、運動介入の効果を検討しました。運動機能回復を阻害したモデルにおいても、運動介入を行うことで再神経支配と運動機能回復が促進されることを示しました。臨床場面では、未だコンセンサスが得られていない末梢神経損傷後の理学療法介入に対して、運動療法の有効性を示唆する基礎的な知見です。


 この度は、埼玉県理学療法学会奨励賞を受賞することができ、大変光栄に思っております。本研究において、日々ご指導を頂戴した皆様のおかげで、このような受賞の機会を頂くことができました。深く感謝いたします。今回の受賞を励みに、末梢神経損傷後の理学療法戦略の構築に向けた基礎的データを提供できるように、より一層研究に精進していきたいと存じます。


61回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

小曽根海知さんの原著論文がLife誌に公開されました

小曽根海知さん(博士後期課程3年, 日本学術振興会特別研究員DC2)の筆頭原著論文がLife誌に公開されました。 【概要】 本研究では、異なる走行条件に伴う筋収縮タイプの違いが骨形成に如何なる変化を及ぼすのか明らかにすることを目的とし、骨形態学的解析及び組織学的解析により検証した。高負荷での求心性収縮優位な運動は骨形成に影響を及ぼさなかった。一方で低負荷での遠心性収縮優位な運動は骨全体の形成に著明

加納拓馬さんの原著論文がConnective Tissue Research誌に公開されました

概要 本研究では,膝前十字靭帯(ACL)損傷に対する保存的治療法の適応基準を“損傷部位”に着目し、動物モデルを用いて組織学、生体力学的解析から検証した。その結果、ACL中間部損傷モデルだけでなく、ACL大腿骨近位部損傷モデルにおいても自然治癒を認め、さらに治癒したACLは再建靭帯の力学的強度より上回っていることが明らかとなった。 社会的意義 近年、ACL損傷者の年齢層の拡大と共に治療法に対する患者

久保田圭祐さんの原著論文がIEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering誌に公開されました

久保田圭祐さん(博士後期課程3年)の筆頭原著論文がIEEE TNSRE誌に公開されました。 概要 本研究では,冗長多自由度なヒトの筋活動制御の低次元構造を明らかにする筋シナジー 解析を,変形性膝関節症者に応用し,膝OAに特徴的な下肢筋活動パターンの定量化を試 みました.その結果,膝OAは健常高齢者と比較して,立脚期のモジュールが1つに低減 されました. 本来,ヒト歩行の立脚期は,2つのモジュール